USB Gecko

USB GeckoとはGC用メモリーカード型のUSB接続アダプタ
GC/WiiのメモリーカードスロットとパソコンとをUSB2.0で接続することで
Homebrewを起動することができたり、デバッガとして使えたりする商品です。
usb.jpg
今のところ購入できるのはAdictronという通販サイト。
値段は本体29.99ユーロ、送料込みで37.58ユーロ、
日本円で約6300円ほどでした。

  • Adictron – The Wii homebrew development store
  • USB Geckoですが、最初に専用のプログラムを起動させる必要があるため
    使用するにはHomebrewまたはバックアップディスクを起動できる環境が必要です。
    操作はすべて「USB Gecko Tool」というソフト上で行い、以下のようなことができます。
    gecko1.jpg

    -Homebrewの実行
    -BIOSのバックアップ
    -メモリーカードの読み書き
    -デバッガ
    -スクリーンキャプチャ
    -音楽の再生
    -ディスクのバックアップ
    -ファームウェアの更新

    この中のデバッガ機能は、GCのコードサーチツールであるGCNrdのように
    ブレイクポイントの設定、逆アセンブラ、レジスタの表示ができます。
    GCNrdはLANでパソコンと通信をしていたため、Wiiでは使用することが
    できなくなりましたがこのUSB Geckoの機能は今の状況にとって
    大変ありがたい昨日だと思います、
    メモリーカードの読み書きに関しては、Homebrewで読み書きできる
    ソフトがあまりなかったと思うので便利なのではないでしょうか?
    あとのBIOS(IPL)吸出し、ディスクのバックアップについては
    いまのところ今後に期待というところ。
    BIOSは完全な吸出しができません。
    ディスクのバックアップは途中で止まります。
    これに関しては今後のバージョンアップに期待ですね。
    ただUSB Gecko自体は大変いいものです。
    コードサーチしたい、メモリーカードの管理したい、画面のキャプチャしたい、
    あとは今後どう化けるかに期待する人やなんかは購入してみてはどうでしょうか?
    ちなみにBIOS吸出しはGCOS起動して
    http://GCのIP/IPL、またはhttp://GCのIP/REALIPL
    にアクセスすれば吸い出すことができます。
    ipl.jpg

    「USB Gecko」への4件のフィードバック

    1. USB GeckoはWiiのセーブデータの管理も出来るのでしょうか?コピー不可のセーブも移動できたら最高><

    2. はじめまして。シンと申します。
      少しお聞きしたいのですが、このUSB Geckoを使えば、
      Wiiの改造コードを入力することができるのでしょうか?

    3. Gecko dNetはリソースエディタで編集できないし、
      コンパイルする環境もないので申し訳ないですが
      無理です

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です