ePSXe v1.9.0 日本語化パッチ

epsxe190.jpg
PSエミュレーター、ePSXeのv1.9.0がリリースされました。

  • official ePSXe website

  • ePSXe v1.9.0, released on 03.08.2013
    – Added support for more types of Gameshark cheat codes. (D0-D3, E0-E3).
    – Added support for multi-bin iso format (redump format), and preliminary
    support for ECM iso format.
    – The internal SPU plugin has been updated to the 1.9.0 version. It includes
    fixes on interpolation (Square games) and other minnor fixes (Kururin Pa!).
    – Added support for joysticks with Circle analog Range. Choose “Full Circle”
    on the kind of analog on configure gamepad screen. (Logitech and Xbox
    gamepads).
    – Fixed analog full range to -128,127. (Ape Escape)
    – Fixes to the CD-Rom decoder and the core which made almost 30 more games
    playable or working better like. For example this fixed TempestX3,
    Duke Nukem Land of Babes, Rayman, Kiganjo,
    Kids Station – Motto! Oja Maho Doremi Dokkan! Maho Dou Eigo Festival,
    Firo & Klawd, Stahlfeder …
    – Note: for information about compatibility and games’s configuration,
    it is recommended that you visit the “Playstation Datacenter” at
    http://psxdatacenter.com/. We want to thank Gladiator who has
    been a very important help in betatesting the new version.

    ※2013/8/17
    パッチを更新しました
    [DL: ePSXe v1.9.0 日本語化パッチ]

    「ePSXe v1.9.0 日本語化パッチ」への6件のフィードバック

    1. お疲れ様です。
      日本語化するとメニューの挙動がおかしくなりますね。
      コントローラ設定でマルチタップの可否が不明な点とコントローラタイプを選択するとクラッシュしてしまう点です。
      余力ありましたら確認お願いします。

    2. >日本語化するとメニューの挙動がおかしくなりますね。
      以前からこのような挙動が出ているのはなんとなく
      気がついていたものの、こんなものなのかな?と
      そのままになっておりました。
      このたび原因がわかりました。
      リソースの編集に使ったResource Hackerの
      バグと思われます。
      たとえば「ファイル」メニュー中にある
      「CDROMの起動」のメニューIDが、本来なら
      0x00009C41 = 40001
      であるのに対し、
      リソースの編集後は
      0xFFFF9C41 = -25535
      というようなマイナス値の違う値になってしまうため、
      一時停止時などのメニューをグレーで使用できなくする
      ような処理が正しく処理されなくなってしまっていました。
      すぐに修正版のパッチを作成しますので
      少々お待ちください

    3. v1.8.0とv1.9.0は修正したものをアップロードしました。
      ご指摘ありがとうございました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です