64DDのディスクが吸い出し可能に

64DDのディスクが吸い出し可能になりました。

64dd

N64の周辺機器である64DDは、海外で発売されず国内でも1年ほどでサービスを終了、入手することも困難、知名度も低いハードです。

ディスク自体もZIPメディアをベースにしているとはいうもののほぼ独自規格で読み込める装置も存在せず、解析、エミュレーションはほとんど進んでいませんでした。

しかし、SFCのサテラビューの解析などで有名なLuigiBlood氏が数ヶ月暇があるからという理由で64DDについて解析を進め64DDのディスクを吸い出しするソフトをリリースしてくださいました。

64DD stuff
http://bsxproj.superfamicom.org/64dd/

吸い出しするには
N64本体
64DD本体
64drive
等が必要です。

1枚吸い出すのに数分となかなか高速に吸い出しすることができます。

ディスクを吸い出しできるようになったことをきっかけにCEN64MESSなどのエミュレーターで64DDをサポートしようとする動きか活発になっています。
64DDがサポートされるのもそう遠くはないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です