Wii U 向け Homebrew CHannelリリース

本日12/8は日本でのWii U発売日です。
この発売日に合わせてWii U 向けHomebrew CHannelがリリースされました。

  • HBC release for a new Wii U
  • インストールには、多くのexploitが対策されていますが、
    Smash Stack(大乱闘スマッシュブラザーズX)
    Return of the Jodi(レゴスターウォーズ コンプリートサーガ)
    Eri HaKawai(テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士)
    などが使用できると思われます。
    WiiMode – WiiUBrew
    http://wiiubrew.org/wiki/WiiMode
    日本の発売日に合わせてHBCをリリースできたのは
    日本よりも海外の発売日が早かったたことや(11月18日)
    中身がWiiに近かったこともあり、CPUクロックがわかったり
    NANDダンプできていたりと解析がかなり進んでいました。

    プロアクションリプレイ(Wii用)発売決定

    item_wiipar.jpg
    いつの間にかWii用プロアクションリプレイの発売が決まったようで
    公式サイトに商品ページができていました。

  • プロアクションリプレイ公式サイト |プロアクションリプレイ(Wii用)
  • 12月末発売予定
    通販価格:5,229円(税込)
    Wii用ゲームを簡単攻略!
    約200のゲームタイトルに対応!
    Wii本体バージョン4.3Jに対応!
    最新ゲームのウラワザも無料でダウンロード


    これまでWiiの改造ツールはコードフリークのみでしたが
    ここに来てついにプロアクションリプレイも!
    4.3J対応で配布メディアがSDカードであることから
    Wii用コードフリークと同じexplitを使った起動方法を
    とるものと思われます。

    Wii用コードフリーク typeII

    4544859163333m.jpg

  • CYBER コードフリーク typeII(Wii用)|サイバーガジェット
  • ついにWii本体バージョン4.3Jに対応したWii用コードフリークが登場しました。
    無改造Wiiで動作させるために使われてきたシステムメニューに存在する
    Exploitを使った「BannerBomb」が本体バージョン4.3Jで対策されてしまったため
    しばらくの間Wii用コードフリークは最新バージョンのWii本体で使用できなくなって
    いました。
    Wii用コードフリークの対応状況について (ねこかぶのblog(仮))
    しかし1ヶ月ほど前に新たに見つかったLetterBomb(及びMailBomb)というexploitを利用することで
    また無改造Wiiで動くようになりtypeIIとして新たに発売するに至ったというわけです。
    すでに無印バージョンを持っている方は無償でバージョンアップが可能です。

    Mailbox bomb

    久々にWiiのExploitが公開されていたので紹介。
    今までのSmash Stackや遊戯王Exploitのような特定のゲームに
    依存しない、Wiiのシステムメニューに存在するExploitを利用したもので
    すべてのバージョンのファームウェアで動作するそうです。

    新しいWii Exploit: Eri HaKawai

    スターウォーズコンプリートサーガに続き、Wiiに新たなexploitが見つかりました。
    対象となるのはテイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士
    発見したのはPierre “delroth” Bourdon氏。
    最初にPAL版で発見されたexploitをgiantpune氏が
    USA版に移植したようです。
    今のところ日本語版にはまだ対応していませんが、
    作者はtwitter上で日本語版についての情報、協力を呼びかけているので
    近いうちに日本語版にも対応すると思います。
    Eri HaKawai

    ※追記
    日本語版にも対応したようです

    Wii exploitをビルドできる環境を構築する

    Wiiで自作プログラムを実行するのに必要な、
    Wii exploitを利用したTwilight Hack、Indiana Pwns。
    ソースコードが公開されているので自分でコンパイルすることが
    出来るのですが、一般的にWii開発環境として利用されるDevkitProでは
    コンパイルすることは出来ません。
    別途、専用のコンパイラを用意する必要があります。
    ここではその導入方法を簡単に説明します。

  • Wii exploitをビルドできる環境を構築する
  • Segher’s (public) Wii toolsの準備
  • Wii exploitをビルドする
  • 続きを読む Wii exploitをビルドできる環境を構築する

    Return of the Jodi日本語版対応

    そんなわけで日本語版への対応していただきまして
    Return of the Jodiがバージョンアップしました。

    これでこのexploitが日本語版でも
    ちゃんと使えるようになりました。
    日本語版対応について連絡を取る中で、以前から疑問だった
    Wii exploitのコンパイルの仕方についてもききまして
    ちゃんとコンパイルできる環境を作ることが出来ました。
    機会があればまとめてみたいと思います。

    Return of the Jodi正式リリース

    rlg-banner.png
    下で紹介したexploitがTeam Twiizersから
    Return of the Jodiとして正式にリリースされました。

  • Return of the Jodi – HackMii
  • 流通量が少ない&プレミア価格でどうしようか悩んでいた
    レゴスターウォーズですが、中古ショップを何軒を回っていたら
    安く売っているところを発見(5,180円)でき無事入手できました!
    110203_01.jpg
    んで早速試してみたのですが
    …動かない
    どうしても途中で止まってしまう…
    おかしいと思って公開されているソースコード見たら
    日本語版に対応するコード全くないwww
    こりゃ動かないわー
    しばらくは