64DD Dump Tool v1.0-beta3 リリース

64DDの吸出しツール「64DD Dump Tool v1.0-beta3」が更新、公開されました。

64DD Dump Tool
https://github.com/LuigiBlood/64dddump

このバージョンでスキップダンプ時に発生していた不具合が修正されF-ZERO X エクスパンションキット等が正しく吸い出しできるようになりました。もし過去のバージョンで吸い出しをしていた場合はv1.0-beta3で吸い出しし直すことを推奨します。

また、マルチシステムエミュレーター「ares」で64DDのサポートが追加されました。Nightly Build版で64DDが動作することを確認しています。

Everdrive対応の64DDダンプツール開発中

N64の下に取り付ける、現在かなり高騰している64DD。そのディスクを吸い出すには「64DD Disk Dumper」というソフトを「64drive」という現在入手困難なハード上で動かすことが必要で、試すことができるユーザーは極端に少ないと思います。

そんな状況の中で64DD Disk Dumperの作者が不具合修正やEverDrive64にも対応すべく、新たに開発を始めたのが「64DD Dump Tool」です。

64DD Dump Tool
https://github.com/LuigiBlood/64dddump

64DD Dump Toolは、「64DD Disk Dumper」が64drive専用だったのに対しEverDrive64にも対応、64DDのディスクの吸い出し以外にもIPLロム、H8コントローラーロム、EEPROM、64DDレジスタ情報を吸い出しできるようになりました。

また「64DD Disk Dumper」は吸い出しに不具合があったらしく、ディスクを正しく吸い出しできるように修正されています。過去に吸い出しをしたことがある方は明らかにデータが違ってるのでこのツールを使ってもう一度吸い出しなおしたほうがいいかもしれません。

現在はまだベータ版扱いで必ずCRC算出するために吸い出しに時間がかかりますが64driveとEverDrive64 x7で動作することを確認しています。

64driveがなく試すことができなかった人はぜひディスク吸い出しにチャレンジしてみてください。

ランドネットディスクの別Ver


めんどくさいのでツイートをそのまま貼ってしまいますが64DD、ランドネットディスクの別バージョンを手に入れました。

64DD研究所の情報でランドネットディスクには別バージョンが存在するらしいということで、気が向いたら中古ショップやヤフオクなど見かけたら購入するという「ガチャ」を実施していました。

64DD研究所 > 64DDソフト概要

「NINTENDO64 キーボード」の発売後、キーボードからの入力を一部正しく認識しない不具合が発覚し、希望者に修正版が配布された。

先日購入したものがまさにビンゴで、ディスク裏のラベルには「02A」の刻印、吸い出してみるとディスクIDの次、バージョンを示す値が「01」で、まさしくV1.1でした。64DDの普及率が少ないうえに希望者へ配布されたということでかなり数が少ないことでしょう。私もこれを入手に至るまでに(少なくとも)24本購入しています。

これで”一般に”入手できる64DDディスクは本当にコンプリート出来ました。

ゼルダの伝説 時のオカリナの64DD拡張ディスクがユーザーによって自作、公開される

N64の名作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」は、64DDと連動することで追加のダンジョンやストーリーを楽しむことができる構想(いわゆる裏ゼルダ)がありましたが、64DD自体の遅れや次世代機(ゲームキューブ)の開発のからみで拡張ディスクがリリースされることはありませんでした(のちに風のタクトの特典、「時のオカリナGC」に収録された)。カートリッジのプログラム内には64DDに対応するコードが含まれていることは既知で、適当なディスクを挿入してゲームを起動するとディスクを読み込むような挙動をします。。

社長が訊く『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』|ニンテンドー3DS|任天堂

近年、サテラビュー解析で有名なLuigiBlood氏が、64DDの解析に着手したことで64DDというハードがどのような構造なのか、どうやって動作しているかがほぼ解明し、ディスクの吸い出しやエミュレーションができるようになりました。Project64やMupen64Plusなど、64DD対応のコードについてはほぼすべて氏のおかげです。

そんなLuigiBlood氏ですが、またすごいことをやってのけまして、時のオカリナの内部に含まれる64DDの追加ディスク関係の部分を解析し、その情報をもとに自作の拡張ディスクを作成、リリースしてしまいました。

-Lead Development & Music
Captain Seedy-Eye
-64DD Porting
LuigiBlood
-Special Thanks to
PK-LOVE
BWXIX
Hylian Modding (http://hylianmodding.com/)
-Testers
Captain Seedy-Eye
LuigiBlood
Hard4Games
ZFG
Dry4Haz
Fig

タイトルは「Zelda 64: Dawn & Dusk」
製作にはHylian Modding氏などロムMODで有名な方もかかわっています。
ざっくり簡単に、64DDで追加ダンジョンを遊べる機能を利用して、
ハックロム作った、が分かりやすいだろうか。

ファイルはgithubにてソースコードとともに公開されています。
Releases · LuigiBlood/zelda_dawn_dusk

一応自分でビルドして動かしてみた。

IPLロムの設定をしたのち、ロムブラウザから時のオカリナのロムを右クリックし「Play Game with Disk(ディスク有りで起動)」を選択

ビルドした日本向けディスクのファイルを読み込ませる。

タイトルロゴに「DISK」の文字が!

セーブデータにも「DISK」

実機での動作も確認済みですが、一般には手に入らない開発用64DD本体を使用し、開発用ディスクに書き込んだものを使ったそうなので、普通の本体実機で動作確認はできません(ディスクを書き換える方法がない)。
この辺はさすがエミュレーターです。

2019年9月25日現在、不具合を修正したv2.0が公開されています。

64DDのディスクが吸い出し可能に

64DDのディスクが吸い出し可能になりました。

64dd

N64の周辺機器である64DDは、海外で発売されず国内でも1年ほどでサービスを終了、入手することも困難、知名度も低いハードです。

ディスク自体もZIPメディアをベースにしているとはいうもののほぼ独自規格で読み込める装置も存在せず、解析、エミュレーションはほとんど進んでいませんでした。

しかし、SFCのサテラビューの解析などで有名なLuigiBlood氏が数ヶ月暇があるからという理由で64DDについて解析を進め64DDのディスクを吸い出しするソフトをリリースしてくださいました。

64DD stuff
http://bsxproj.superfamicom.org/64dd/

吸い出しするには
N64本体
64DD本体
64drive
等が必要です。

1枚吸い出すのに数分となかなか高速に吸い出しすることができます。

ディスクを吸い出しできるようになったことをきっかけにCEN64MESSなどのエミュレーターで64DDをサポートしようとする動きか活発になっています。64DDがサポートされるのもそう遠くはないかもしれませんね。

※2022/9/24 追記
Everdrive64にも対応した64DD Dump Toolというのがでました。そちらをどうぞ
64DD Dump Tool v1.0-beta3 リリース

64DDのIPLROMの吸い出し方

090423.jpg
海外フォーラムには投稿したけど特にサイトに書いてなかったし掲示板の方に書込みがあったのであらためて。64DDのIPLROMは0xA6000000-0xA63FFFFFFF(0x06000000-0x063FFFFF)までの32Mbitの領域にわりあてられています。吸い出すにはゲームシャーク(PAR3)と吸い出し位置をIPLROMの位置に書き換えた書き換えたユーティリティーを使用し、N64本体に64DDを取り付けた状態でゲームシャークを起動、ゲームシャークのメニューを表示させた状態でユーティリティーからGrab ROMでイメージを保存すればOKです。

※パッチを作成しました。
[DL: 64DD IPLROM Dumper patch]

下記サイトからWin2k/XPに対応したユーティリティーがあるのでそれを書き換えてみました。「N64 Version 3 Utilities Hi-Res Patch」というファイルをダウンロードしパッチを適用してください。

  • EnHacklopedia
  •  
    エミュレータで動作させるにはイメージを編集する必要があり、オフセット0x00000000にある80 27 07 4080 37 12 40に変更、さらにオフセット0x00000040から00001000までをスーパーマリオ64、ゼルダなどCIC-NUS-6102/5をもつロムからデータをコピペして保存します。
    Project641964では動作しませんがdaedalus, UltraHLE2064で動作するようになります。
    090423_1.jpg
    090423_2.jpg

    ※2022/9/25 追記
    64DD Dump Toolで簡単に吸い出しできるようになりました。
    64DD Dump Tool v1.0-beta3 リリース