64DD Dump Tool v1.0-beta3 リリース

64DDの吸出しツール「64DD Dump Tool v1.0-beta3」が更新、公開されました。

64DD Dump Tool
https://github.com/LuigiBlood/64dddump

このバージョンでスキップダンプ時に発生していた不具合が修正されF-ZERO X エクスパンションキット等が正しく吸い出しできるようになりました。もし過去のバージョンで吸い出しをしていた場合はv1.0-beta3で吸い出しし直すことを推奨します。

また、マルチシステムエミュレーター「ares」で64DDのサポートが追加されました。Nightly Build版で64DDが動作することを確認しています。

Everdrive対応の64DDダンプツール開発中

N64の下に取り付ける、現在かなり高騰している64DD。そのディスクを吸い出すには「64DD Disk Dumper」というソフトを「64drive」という現在入手困難なハード上で動かすことが必要で、試すことができるユーザーは極端に少ないと思います。

そんな状況の中で64DD Disk Dumperの作者が不具合修正やEverDrive64にも対応すべく、新たに開発を始めたのが「64DD Dump Tool」です。

64DD Dump Tool
https://github.com/LuigiBlood/64dddump

64DD Dump Toolは、「64DD Disk Dumper」が64drive専用だったのに対しEverDrive64にも対応、64DDのディスクの吸い出し以外にもIPLロム、H8コントローラーロム、EEPROM、64DDレジスタ情報を吸い出しできるようになりました。

また「64DD Disk Dumper」は吸い出しに不具合があったらしく、ディスクを正しく吸い出しできるように修正されています。過去に吸い出しをしたことがある方は明らかにデータが違ってるのでこのツールを使ってもう一度吸い出しなおしたほうがいいかもしれません。

現在はまだベータ版扱いで必ずCRC算出するために吸い出しに時間がかかりますが64driveとEverDrive64 x7で動作することを確認しています。

64driveがなく試すことができなかった人はぜひディスク吸い出しにチャレンジしてみてください。

N64 PIFROMをダンプする

N64本体にはPIFROMやPIF Boot ROMと呼ばれる起動時にカートリッジ等のプログラムより前に実行され初期化等をするプログラムがあります。

CEN64やLarper64など一部のエミュではこれのダンプしたファイルが必要なのですが、自前でダンプするにはヒントはあるものの簡単にできる方法が公開されていませんでした。

私も吸い出してみようと試みましたが、割り当てられている0xBFC00000からの領域は通常アクセスできないようになっているらしくゲームシャークで吸い出しできず、海外のフォーラムを探しても(VR4300 COP0の適切なウォッチレジスタ??を使用して、PIFROMの実行中に読み取られたアドレスにウォッチポイントを配置、ウォッチポイントによって呼び出されたコード内のブートコードで使用されていないRDRAMの一部にPIFROMをコピー???)というヒントがあるもののさっぱりでした。

PIF-NUSを引っぺがしてどうにかならないか試している様子

Twitterでつぶやいても情報はありませんでした。

先日なんとなく「PIFROM dump」等検索してみると、
「N64 PIF ROM dumper」なるものが公開されているではありませんか!!!!!!

作者はhcs64氏、Neon64やN64のサウンドフォーマットUSF等で有名です。2020-06-01頃には公開されていたようです。気が付かなかった…

一応EverDrive64 X7と64drive(HW1)でPIFROMを吸い出しできることを確認しました。また64driveはCICチップの関係で起動できませんでしたがPAL版(ヨーロッパ地域向け)N64本体でも確認済みです。

N64 PIF ROM dumperを起動して下の画面になったらリセットボタンを押す。

「SAVING SRAM… OK」と出れば完了
もしED64等の画面に戻ってしまう場合はもう一度N64 PIF ROM dumperを起動する

保存された「pif_rom_dumper.srm」の0x0~0x7BFまでがPIFROMになりますが、エミュで使用する場合はPIFRAMを含む0x0~0x7FFまでの2048バイトをファイルに保存しておくといいようです。
CEN64やLarper64で動作することを確認しています。

なおPIFROMは正確なエミュレーションを行うにはあった方がいいですが、PIFROMがどんな動作をしているかは判明しており、動作をシミュレーションできるためProject64やmupen64plusなどほとんどのエミュでは必要ありません。必要な方、もの好きな方はやってみてください。