Ryzen5で自作PC

2012年にパソコンを新調してから8年。たまに起動時にフリーズすることがありそろそろどうにかしないとなと思ってたところにAMDがINTELを圧倒する性能のCPU「Ryzen 5000シリーズ」を発表。これはいいタイミング!

Ryzen™ 5000 シリーズ デスクトップ・プロセッサー | ゲームで最速 | AMD

前回PCを自作後、SSDまではギリギリ把握していましたが今はM.2 NVMeなんていうストレージ規格ができていたり、電源が1000Wも普通になっていたり、水冷も普通になっていたりで時代に取り残された感満載でめんどくさいからショップブランド等のBTOでもいいかなーどうしようかなーと悩んでいるうちに結局自分で組むことにしました。

価格.comで価格を調べて代替目星をつけ、運良くAmazonのセールも重なって

CPU: AMD Ryzen 5 5600X
CPUクーラー: Cooler Master MasterLiquid ML240L V2 ARGB
ケース: Cooler Master Silencio S600 TG
電源: Cooler Master V750 GOLD 750W
MB: ASUS ROG STRIX B550-F GAMING
ビデオ: ZOTAC GeForce GTX 1060 6GB Single Fan☆
メモリ: Crucial Ballistix BL2K16G32C16U4B (16GB×2)
ドライブ: LG WH16NS40☆
ストレージ:
Crucial SSD P5 1TB
SSD 5 SSDSC2KW512G8X1
Western Digital HDD 4TB WD Gold
(☆は予備又は古いPCから)

しめて14.5万ほど。
今後CPUやGPUを変えることを見越して程々に余裕のある電源を選びました。ケース内部がピカピカ光ります。SSDのときもOSの起動の速さに驚きましたが、M.2 NVMeはそれ以上に高速で数秒…ではなく一瞬で起動して笑えてしまうほど。

OSのインストールも苦にならないほど早くなったし、各種ドライバを自動でインストールしてくれたのは驚きました。電源やCPUクーラーなどのファンの作動音を極力落としたのでHDDの音がかすかにするだけでほぼ無音です。

データの移動するため以前のPCで使っていたSSDをフォーマットしたりパーティションコピーしたりついでにファームウェア更新してみたりしていたら突然認識しなくなってしまいました。8年も使っていればよくもった方か…。データ移動したあとでよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。